小学校の越境を考える。通学のメリットとデメリット編

Pocket

ご訪問ありがとうございます。みゅうです。

いつも貴重なコメントさんをありがとうございます。本当にありがたくありがたく読ませて頂いております。読者さまもコメントさんまで読んでいただけたら嬉しいなと思う日々で、私は頂いたアドバイスが糸口になることも今までも多かったです。改めてありがとうございます。

コメントさんを読んで、(まだお返事できていませんが)

私がのん太郎に期待することってなんだろうって・・・ふと考えさせられました。

一つだけ挙げるとすれば、なんだろうって。

うん。私が今彼に一番望んでいること、それはやはり・・・”落ち着き”でしょう。もちろん他にも素直になって欲しいとかさ、いろいろあるけど、一つ手に入れることができ、彼にインプットできるなら(笑)、やっぱり落ち着きかな・・・・。どうしたって常に体の一部が動いているのん太郎です。

朝、せめて玄関からエレベーターまで歩いて手をつないで行きたい。(ほんの20m程度)

せめてエレベーターで13階から1階に降りるあいだだけでも、じっと立っててほしい。

手も洗面台がびちょびちょになるまで、毎回色んな洗い方とか試さないでほしい。

なんかさ落ち着いてさえくれれば、私の話も少しは聞けるようになるだろうし、もう少し穏やかな日常が過ごせる気がする。

私も登園準備も一人でやってほしいよ。着替えも、手洗いも、言われるまでやらないってよく言うけど、言われてもやらないのん太郎です。それもどうにかしたい。

けれども、あれもこれもすべてのん太郎なので、これからもありのままを躊躇せず(少しは考えろよ)

我が家のありのままを書いていこうと思います。

そんなのん太郎なので、”自業自得”ということが多々あります。

今日も廊下の壁に手をつき、もう反対側の壁に足をつき登り、途中失敗して膝を打つということがありました。(え?)

「イテテテテ~」というのん太郎。

それをみて、「ほら?自業自得でしょ!?」という私。けっこうそんなやり取りが多く、のん太郎は、自業自得を、自業地獄というようになりました。

自業地獄・・・なんとも面白いネーミングだったので、そのまま注意しないこと数カ月。ふと、昨日の寝るときに「ねぇ、のん太郎?自業自得ってどんな意味かわかる?」って聞いてみたんです。

そしたら、のん太郎。

「それを言うなら”自業地獄”でしょ?」と言うので、まぁそれでもいいやと思い

「じゃあ、自業地獄ってどんな意味?」と、もう一度聞いてみました。

すると・・・

「にいにが、わざとして、ケガをすること。地獄みたいな感じ」

っていう返答で、”わざと”っていう表現や”地獄”の理解に思わず吹き出ししまったんだけど、とりあえず私がよくいう言葉を彼なりにわかっているのだなと。

そう、その”自業自得”がなんせ多いのん太郎。実際のところ、もはやフォローしきれてないのだけど・・・命だけは守っていかないとと思うのでした。



スポンサードリンク

さて本題。

今日は、前回の日記でお伝えした、小学校越境問題を掘り下げてみたい。

前回の日記はこちら↓

小学校入学に向けての焦り、不安、大きな心配。

実はこれ、かなり切実で・・・のん太郎は越境の申しこみができる地区に住んでいます。小学校がいくつか点在する地域で、それも悩みの種なんです。

A校:学区外だけど家から一番近い小学校

①家から一番近く(もともとは校区だった)最寄り駅に隣接。

②6割以上中学受験をする小学校であり3、4年生からかなりの生徒が塾通い。

③高学年の受験シーズンにはピリピリする

④通学路も比較的安全。車の通りは激しいがガードレールがある。

⑤登校班がある

⑥越境だから、結局申し込みをしても行けるかどうかは抽選となる。

⑦6学年3クラス制

(抽選に落ちた場合は、校区に通学となるが、抽選に落ちた旨の連絡が校区へ入る)

もともと、人気だったA小学校。絶対にこの小学校じゃなきゃイヤだ!というママさんもいて、わざわざ住民票を移してその小学校へ入る家庭もある。

公立なのに、そこまでするんかい!!って驚きだったんだけど、どうやら、偏差値(?)的には近隣の小学校の中では一番良いらしい。公立ってどこも一緒じゃないのか?と、思うのだが、そうでもないらしい。これは、時代の流れなのか?

その越境のために住民票を移動するってもちろんNGですので、我が家はそれはしませんがA校の校区に祖父母がいれば、祖父母の家に住所を置く方もいますし、わざわざ家を借りて住民票を移す方もいるほどです。

しかもこれ、居住実績が問われるのでしっかりと家族が住める平米数を借りる必要があり、入学後解約するにせよ、それなりのお金が動きます。そんなお金があったら貯金したいわ!と思うところですが、子育ての価値観は人それぞれです。

ただ、先輩ママさんに聞くと中学受験をする環境にはやはり向いているようで、周りが勉強をしだすので、自分の子供も必然的にするようになると。

私、”えぇぇ!中学受験なんて考えてなかったよー!”と、思うところですが、小学校問題が現実になった今、けっこう周りのママさんには中学受験を視野に入れている方もいてね、みんなけっこう先のこと考えるなって・・・”落ち着きがない問題”を抱えている我が家としては、中学受験どうするかで悩めるなって、マジですごいわ~・・・って、これリアルな感想です。

あと、働くママ多いので駅から近いという利便性は魅力と。そりゃそうだ。チャリ通の私とはわけが違う。

越境だと友達がいないということはなく、そもそもこちらのA校は校区に児童が少ないため越境を募集しない限りには児童数が減ってしまうというデメリットを学校自体がかかえており、そのため4年ほど前から積極的に越境の児童をとってきた。越境組で1クラスの人数に達するほどだ。

そんなA校と対象的なのがB校。もちろん住民票を移してまで入りたい親などはいないが、のん太郎の校区である。

B校:のん太郎、校区の小学校

①家から遠くもないが、A校よりかは少し遠くなる

②変質者が出たこともある狭い道を抜けて登校(なぜここに小学校建てた?状態)

③登校班がない

④6学年2クラス制でのんびりおだやかな学校、生徒も穏やか

⑤中学受験する場合はむいてない

⑥支援学級があり先生の数が多い

⑦支援学級と通常学級のかかわりを大事にしている

⑧支援学級が畑を育てていて、時期になるとその野菜を売るなどの取り組みがある

お気づきでしょうか。A校とB校・・・驚くほどカラーが違う。ジャニーズでいうと、A校がKAT-TUNでB校がキスマイの後ろグループ的な感じです。(その例えいる?)

タイトルにメリットとデメリットと書きましたが、これらの特徴をメリットとするかデメリットと感じるかは、家庭方針によるかなと。我が家はあまりにカラーがちがうので、夫婦で学校公開や運動会に足を運ぼうと思っています。個人的には”嵐”が好きです。(はい?)

今、本当に悩んでいて・・・越境制度なんかなくなったら悩まなくて済むのにと思うほど。私の小学校のころなんて、こんな越境制度あったかいな?って思うほど。これも少子化の煽りなのかもしれませんが、この問題も切実です。

私の住む地域は年中の冬くらいから「小学校決めた?」と、あちこちで話題になり、このA校B校だけじゃなく、徒歩圏内にもいくつか学校が点在するため、それらの地域の方も越境についてどうするか悩まれています。

そもそもさ、公立小学校って親が決めるんかい!?って、思ってたけど慣れとは怖いもので、同じマンション内でも保育園の卒園生にも学年によっては越境の児童の方がはるかに多い場合があり、小学校を親が選択するということが、当たり前になってしまいました。

結局、どっちに行ったとしてものん太郎はあまり周りに流されるタイプではないので、周りが勉強してても自分はしないだろうし、独自路線をこれからも歩んでいくのだとは思うけど、それだとしても悩みます。

小学生になる前の壁、まだまだ続きそうな我が家です。

申し込みは夏なので、もうしばらく悩んでみようと思います。

今のところ・・・

パパはA校。やはり近いのが魅力。

そして、私はB校。長くなってしまったので、理由は次回!

いつもありがとう。

美羽

スポンサーリンク
Simplicity 336×280 レグタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Simplicity 336×280 レグタングル(大)

コメント

  1. はるママ より:

    悩みますねぇ。。。

    私は学校の特色も大事なんだろうけど、子供が安全に通えるか、ですね。

    B校の通学路を変えたり、登校班を作るとか出来るならB校がのんびりしていて良さそうだけど。。。
    学校と対策を話し合うとか出来ない感じですか??

    のん太郎くん、今は落ち着きがない、とママさんは心配しているけれど、この先何年も落ち着かない、とも限らないし。。。

    でも、受験させる気もなく、勉強がめっちゃ好き!でもなければA校は負担になるのかな??

    参考になるかわかりませんが、昔、私が勤めていた中学校はまさに、公立なのに高学歴でした。生徒みんなが成績に貪欲で、どうしたら評価が上がるのか?とか聞いて来たり、なんとなくピリピリしていた気がします。
    保護者もテストの採点に少しでも納得いかないとすぐに電話をかけてくるし。。。
    当時、勉強ももちろん大事だけど、今しか出来ないこと、もっとあるだろうに。。。とガチガチに縛られて苦しそうな子、本当は勉強嫌いなのにやるしかないほうへ持っていかされてる子、ついていけない子、別の学校だったら。。。って思ったりもしました。
    勉強好きで、偏差値が高い学校へ進学したい子や、あと一歩の子には恵まれた環境だったとは思いますが、なんとなく、親が敷いたレールを歩いてる感は漂ってました。。。
    あの子達、今、どうしてるだろー??

    あ、話がそれましたが、
    結局は、母のカンって結構当たる。
    どっちの雰囲気が合うだろう?って悩む間は、もう少し色々リサーチして、同じマンションや近所の小学生がどっちが多いか、とか、それぞれどんな感じか、のん太郎くんはどっちで笑顔になれそうか、まだまだもう少し時間はありそうですし、実際に通っているお子さんや、保護者の方々から話を聞けたり出来たらいいですね☆

    みゅうさん、ファイトー!

    • myu7 myu7 より:

      はるちゃんへ
      悩み疲れ、結果答えがでぬまま現在に至ります。来月学校公開があるのでいってみます。
      ただ、小学校でそんなに勉強させたところでそんなに将来が変わるのかってとこが・・・一つ気になります。それなら自由に遊ばせてあげるのも一つじゃないかと。そんなことを思います。のん太郎、勉強も好きな教科はしっかりやりそうだけど、好きじゃない教科なんて教科書なくすタイプです・・・。(泣)
      あぁやっぱり心配だわーー!!

  2. みき より:

    はじめまして。
    のん太郎くんが産まれるずっと前からブログを読ませてもらってます。

    美羽さんが悩まれている
    のん太郎くんの「落ち着きの無さ」ですが、専門機関で検査されてみてはどうでしょうか。

    私たちはじっとすることが普通ですが、動いている事が普通の人もいるんだそうです。

    エレベーターの中でじっと立つ事が難しいのであれば、最初は短い時間(3秒とか、1つの階の番号が変わるまで)
    できたら、もう少し時間を伸ばしていき、
    最後はエレベーターから降りるまでと、ゲーム感覚で試してみたらどうでしょう。
    ビアノを弾いているときはじっとできているので、何か集中できるものがあれば、じっとできるのではないかな?って思ったので。

    すみません。
    美羽さんが以前からすごく悩まれていたので、思わずコメントしてしまいました。

    あと、
    ランタンの件のように大切なものを壊されてしまったとき、「泣き」「悲しみ」を試されてはどうでしょう。
    保育士をしていますが、注意してもわからない子にはたまに使ってます。いつもと違うので、小さい子でもちょっと焦るんです(笑)そして、話も聞いてくれます。でも、5歳児に効くかは…わかりませんが。

    • myu7 myu7 より:

      みきさま
      コメントさんありがとうございます。あれから、エレベーターでのじっとするゲームやってます。いささか・・・のんこの方が上手になってきてますが、どうしましょう。
      LEGOやお絵かき、ピアノやプールなど、自分がのめり込むときの集中力はすごいです。
      何時間でもやり続けます・・・。
      しかし、それ以外は皆無です。それが心配です。

  3. タナカサン より:

    こんにちは。
    小学校の件色々悩みますね。
    私の子供の頃の経験談でいくつかご参考になればと側からの意見を書かせて頂きますね。

    1つは兄妹は同じ小学校が良いこと。保育園と同じでやはり兄妹間の絆が生まれるし(高学年はかっこよく、低学年はかわいくみえるんですよね)同じところで育った想い出を共有できると思います。うちは兄私弟の3人年子でしたが弟だけお受験して小学校が違いました。
    その学年によって子供たちのカラーは違っていたりするし、大事なのはそこでどんな友達や先生と出逢いどう過ごすかで、中学校でミックスされると意外にも評判の良くない方の小学校出身の素敵な友達に出逢えたりします。けどそれは運と自分次第ですよね。
    なので小学校の検討をするならやはり安全面で考えるべきかと。近いからこっちにするーがシンプルイズベストのような。
    私も小学校の頃変質者を目撃した記憶や高校生の頃ですがストーカーまがいに家まで後をつけられ刃物を突きつけられた経験があり、、のんたろうくんはもちろんですが、のんこちゃんの事をおもうと勝手に心配になりました(ノ_<)何かある前に。。
    ゆくゆく仕事復帰されることがあれば、帰りが遅くなりますます心配かなと。

    みゅうさんの事だからすでに熟慮された上での事かと思いましたがお節介やいちゃいました♡老婆心ながらってやつで。

    話変わりますがピアノネタ嬉しいです!とても勉強になります。自分が料理教室とかいく時の姿勢も正されています。いつもありがとう。

  4. myu7 myu7 より:

    タナカさんさま
    老婆心って!!!つっこんでしまいました。本日も明日もピアノネタです。話し出すととまらないので、たまには止めてやってください(笑)

    あれから、変質者の目撃証言も多くそれも心配です。なんせ登下校の道がいけてない。
    どっちもどっち感があります。車と変質者、どっちの方が心配なんでしょうか???
    そして、お料理教室!一度いってみたい。楽しいですか??お料理教室なんてうらやましいですわーー。

    • タナカサン より:

      コメントみてアップライトピアノ検索しちゃいました。うちにあったピアノはアップライトピアノって呼ばれているのか!と初めて知った次第です。まだまだピアノネタお願いします笑。
      料理教室楽しいですよー!家空けても美味しいものが食べれるならと家族も喜んで送り出してくれるし。今は天然酵母のパンと和菓子をスポットで習ってます。世代も環境も違う人たちの中、未知の分野に身を置く事はなかなか面白く、今の私には料理以上に得るものがあります。