小学校入学に向けての焦り、不安、大きな心配。

Pocket

ご訪問ありがとうございます。みゅうです。

反抗期5歳、最近落ち着いてきましたって誰が言ったんだーー!!

からの・・・

反抗期の長男5歳と再度話し合ってみることにした。

からの・・・・・・・

週末私とのん太郎との間で勃発したランタン事件簿ですが、

(詳細はリンクをクリックして頂けると助かります)

昨日、実はもう一度話そうと思っていたところ・・・・これ見よがしにキッチンの上におかれたランタンを、のん太郎の座っているテーブルの上においたら、「もうその話は終わったでしょ。」と言われまして、もちろんカッチーンときましたが、読者さまに聞いてもらったおかげで、そこからバトルに発生することはなかったです。

その言い方ってなんなんだよーって思うけど、そりゃあもう終わったことかもしれないけど、彼から放たれたその一言に、きっとまだまだ試練は続くんだろうなと思いました。

可愛いいところと同じくらい、憎たらしいところもある。きっとそれが5歳なのかもしれません。成長していく過程で、親の悩みも複雑化してくるなと、5歳を皮切りそんなことを思うようになりました。

うちの長女は年中ですが、5月生まれなのでのんたろうくんとは月齢的にみると近いですね!
女の子ですが、男の子寄りの女の子なので、落ち着きがなく、こちらが怒っても響かない感じで…いい意味で?こだわりもなく引きずらないタイプ。うらやましい。能天気ともいいますね(笑)

…怒っても叱っても、一人で空回りしてる感じじゃないですか?私はそうです(笑)
一人でイライラして悶々として一人でキィーってなって勝手にストレスがたまってます。

byコメントさん

そう、まさにこの通り。怒っても叱っても、私一人空回り。それに私がのん太郎を叱っていると最近ののん子さん、のん太郎が私にいじめられているように映るみたいで、のん太郎をかばうか私をバチバチ叩きにきます・・・・。

そこで、のん子に”今はにいにとはなしてるんだよ”と伝えると、今度はのん子の泣きスイッチが入り、もうまさにカオスです。

しかし・・・コメントさんでね

我が家も3年前に念願叶い子供を授かれましたが、授かった我が子は先天性の脳の病気(3万人の1の確率で発症)で重症心身障害児で未だに寝たきりの子です。日々医療ケアが手放せない様な子どもです。

まず、歩ける、喋れる、普通食が食べれるそんな出来て当たり前のことを褒めたりしたことはありますか?一生口から物を食べることができない子もいますし、自分の気持ちを自分の言葉で伝えられない子どももいます。のん太郎くんにこうなってほしいという親の期待が大きすぎることはありませんか?
来年小学校だから、今のうちにここまではできてほしいという期待がのん太郎くんにとって負担に思うこともあるかもしれません。

by コメントさん

私、いつからか・・・”できてスゴイね!”から”できて当たり前”になっていったのかな・・・いつから褒める頻度が減っていったのかな。

はい、反省。最近、反省してばかりです。

毎日言っていた”生まれてきてくれてありがとう”の言葉。

これもいつから言ったり、言わなくなったりしたんだろうか。

昨日、ベットで寝ながら伝えたら

「のん太郎、生まれてきてくれてありがとう」と言ったら

基本姿勢、素直に自分の気持ちを言えないのん太郎は

「もう、そんなの言わなくてもわかってるよー」と、言いながら

少し間をおいて

「でも、ありがとう」って、言ってきました。

ありがとうの前に”でも”と、逆説から入るところがまさにのん太郎なんですが、彼なりの喜びの表現の仕方をみると、ほんと素直じゃないんだから!と、思いますが、それも全てのん太郎なんですよね。

今日はのん子の超絶イヤイヤ期を書きたかったのですが、読者さまにまさに今の私の心情に、的確な指摘を頂いたので、今日は予定変更で来年待ち受ける小学校のことについてです。

よく、”小学1年生””の壁なんて言いますが、我が家の場合は”小学校入学前の壁”が大きく立ちはだかっています。みんな何とかなるもんだよと言いますが、それ、本当ですか(汗)

はっきりと、言います。

のん太郎、小学校入学前にして私の今の気持ち・・・

もう不安でしかありません。(のん太郎、ごめん)

ひらがなはかけた方がいいとか、時計を読めたり時間の感覚は知っておいた方がいいとか、40分は座っていられた方がいい、曜日の感覚はしっておいた方がいい。とか!!!!

四方八方からいろんな情報を頂きます。

あと1年で習得できるは思えない案件ばかりです。とくに落ち着きの問題は課題多し。

はい、振り回されています。もっと振り回せれいるのは、のん太郎なんでしょうね。ごめん。(本人に謝れや!!!)

だって、心配でしかないんですものーーー(泣)

子どもを信じて!と、これも誰か言うてた。けど、のん太郎の日々の行動を見ていると、彼の何を信じていいか親の私でさえわかりません。

ひらがなやカタカナ、数字に関してはLEGOのおかげで特に教えることもなく、その辺はクリアしていますが・・・それ以外が壊滅的。むしろ、ひらがなをかけるよりももっと大事なことを習得しとかなきゃいけない気がする。そう、落ち着き。

私ね、今年になり保育園に持っていっているリュックをランドセルだと思いなさいって言っててね、のん太郎にリュックだからランドセルには見えないって言われて毎回撃沈してるんだけど、リュックひとつにそのくらいの緊張感を持って欲しいわけ。

公園に行ったら平気で走りながら地面に置き去りにされ、帰りも忘れ去られ友達や私に忘れてるよ?と言われるまで気付かない。

登園前の準備もひとりじゃできないし、平気で寒い日でも薄手のTシャツをお着換えに持っていく。もしくは、全て忘れて登園する。

あっちふらふら、こっちふらふら・・・何度言っても横断歩道のない道で道を渡るときに、左右の確認を怠る。もう来年には一人で行くんだよ~!と何度も伝えるが伝わらない。

もう何が不安って、のん太郎の命が不安です。

それにここまで親の言うことをきかず日々過ごし、先生の話が聞けるのかとも思うし・・・・表現がアバウトかもしれないけど、もう少し、しっかりしてほしい。はい、切実。

家でできないこと、学校に行ったらできるの?

来年の4月までになんとかしたいけど、どうにもならない彼の性格。小学校までに身につけて欲しいことがたくさんあるのに、なんかもう絶対に間に合わないと思う日々。

私、口癖のように「来年、小学校なんだよ!」って言ってる。たぶん1日10回は言ってる。(言い過ぎ)

この、心配と焦りと不安と・・・それが、私の今の育児にすごく影響を及ぼしているのかもしれない。読者さまに言われてみて、そう思ったわ。

来年待ち受けるその”小学校”を、もう少し前向きにとらえること。

あと、のん太郎の1日5回は聞く”わざとじゃない!”主張を、掘り下げられようにしてみます。

なんか3日続けてランタン破損日記を書いてたら、少し私自身の本質的な課題が見えてきがする。怒る前に、まずは冷静に・・・ですね。

叱ること怒ることがなくなることはないので、その数を減らすこと、私の怒りをどう表現し子に伝えていくか。それが課題だな。



スポンサードリンク

余談・・・・

実は小学校入学に伴い、もう一つの悩み。学区。

実はこれも切実で・・・次回詳しく話したいんだけど、のん太郎は越境の申しこみができる地区に住んでいます。小学校がいくつか点在する地域です。現在2校で悩んでおり

A校学区外だけど家から一番近い小学校

①家から一番近く(もともとは校区だった)

②6割以上中学受験をする小学校であり4年生からかなりの生徒が塾通い。

③通学路も比較的安全。車の通りは激しいがガードレールがある。

④登校班がある

⑤高学年の受験シーズンにはピリピリする

⑥越境だから、結局申し込みをしても行けるかどうかは抽選となる。

⑦6学年3クラス制

⑧土地柄裕福層が多い

B校:学区である校区の小学校

①家から遠くもないが、上記の学校よりかは少し遠くなる

②変質者が出たこともある狭い道を抜けて登校

③登校班がない

④6学年2クラス制でのんびりおだやかな学校、生徒も穏やか。

⑤中学受験する場合はむいてない

⑥支援学級があり先生の数が多い

⑦支援学級と通常学級のかかわりを大事にしている

⑧一般世帯が多い

次回これ詳しく掘り下げるけど、10月までに区に申し込みをする必要もあって、それも日々悶々と悩んでいて、そして若干旦那と意見も分かれている。もめてはないけど、意見が真っ二つな私たち。のん太郎はもちろん、小学校のカラーの違いまでは理解できない。

私の地域は、いまの時期になるとどの小学校にするかでママたちの話題は持ち切りです。いくつか点在していて、どこも10分圏内。日記こそ書いてなかったけど、ずっとこれも悩んでて、もう少し結論がでるまで時間がかかりそうです。明日聞いてください~。

とにかく、悩みはつきません。

けれど、前向きに、ですね。

なんか今日は穏やかに過ごせる気がするぞ~。(本当か?)

いつもありがとう。

美羽

スポンサーリンク
Simplicity 336×280 レグタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Simplicity 336×280 レグタングル(大)

コメント

  1. 戎谷佳寿枝 より:

    昨日コメントした戎谷です。
    のん太郎くんの「でもありがとう」にウルウルしてしまいました。

    ママはきっと色んな情報と、就学前の相談会?的な事でいっぱいいっぱいなんだとお察しします。

    落ち着きがない事を特に気にされていましたが、小学校に行けばどうにかなるものだと思いますよ。

    これは療育先の療育手帳などの発達検査などを主にしてる先生からの受け売りなんですが、小学校なら小学校の、保育園なら保育園の環境に子ども自身が身を置かないと治りませんと言われたことがあります。お友達の真似をして落ち着いたり、今できないことも、子ども同士の中で教えてもらったり、教えられたりするもの。大人と違って良くも悪くも素直な心を持っているので、大人の判断で決めつけてはいけませんとよく私も言われます。

    のん太郎くんが保育園入園前の気持ち思い出してみてください。その頃もその頃で不安があったと思います。逆に保育園という集団生活を早い時期にしたから出来るようになったこともあると思います。

    就学前という節目を前にするので、これだけは?とやきもきすると思いますが、たった5年しか生きていないのん太郎くん。何十年と生きてる親からすればどうしてこんな簡単なことできないのと思う所もあると思いますが、のん太郎くん自身が落ち着いて行動するという事を理解しなければ落ち着かないと思います。その理解を得るのは小学校生活と言う日常が教えてくれるのだと思います。

    あと、辛口かもしれませんが、「この歳でこれができて偉いね」と言う評価は子供の評価ではなく親の見栄でもあると思います。得意不得意があって人間です。それが個性であります。のん太郎くんの不得意分野を気にするのではなく、得意分野を褒めて伸ばしてあげて欲しいです。せっかくパパとママの子に産まれて来てくれたのですから

    今回も長文失礼しました。

    • myu7 myu7 より:

      戎谷佳寿枝 さまへ
      訪問ありがとうございます。あれから、何度も小学校入学について考えていて、どちらの小学校にすべきか悶々としています。そして行きかえりの道や、放課後の公園でのママがいない中での遊び。不安です・・・。大人の判断での決めつけ、私も気を付けようと思います。心が素直なうちに、沢山のことを吸収していって欲しいです。付き合っていくお友達との関係性も心配ですし、あれやこれや考えたらもうキリがないですね(汗)

  2. めがね より:

    長文失礼いたします。
    私の拙い感想を引用してくださって恐れ多いです。
    私はいつも、みゅうさんの子育ての価値観に尊敬の意を抱いておりました。泣いていいんだよ、愛してるよ、そんな風に大切な言葉をいつも投げかけていらっしゃり、私も頑張らねばと乳児期育児の励みになっておりました。

    のん太郎くんは凄いです。5歳児で「その話はもう終わった」「言わなくても知ってるよ、でもありがとう」こんな思考や言葉が出るなんて、どれだけ自己の価値観がしっかりしているんどろうと驚かされました。自身の5歳頃など大人に流されていることが多かったです。彼にとても可能性を感じました。だからこそ手こずるのでしょうね。入学すれば色々と吸収してあっという間に成長してしまいそうです。お恥ずかしい話、私は2年生まで時計の読み方を理解できていませんでした。(人の話を聞いていない恥ずかしくて聞けない)

    偉そうなことを書いてしまっていますが、第三者だからこそ冷静になれるだけだと思います。みゅうさんがそれだけのん太郎くんに真剣に心配して接しているからこその感情だと思います。私もコメントしながらの自身の育児の参考にさせていただいています。

    のんこちゃんについては、外で良い子なのに家では自由になるのは、TPOをわきまえられておりしっかりと親に甘えられている証拠だと、色々な育児記事で目にしたことがあります。素晴らしいと思います。

    どれもこれも正解のない育児・育自ですが、お仕事場での教育でもとても熱心に指導なさっているみゅうさんなら、ご自身の育児もきっと大丈夫だと思います。これからも陰ながら応援しております。

    • myu7 myu7 より:

      めがねより
      私も、のん太郎と接していると、だからこそ手ごわいと感じることがあります。言葉も早かったので、今も驚くような言葉使いをしてきます。たまに私が言いくるめられてない?って時もあります(チーン)
      コメントさん、ありがとうございます。そんな風にいってもらえると嬉しいです。子供も大人も自己肯定感って大事ですよね・・・。けっこう後悔することも多いので、前向きにやっていこうと思います。いつもありがとうございます。ちなみに、のんこは今日も朝から泣きわめき、保育園ではにこやかにしておりました。この変貌っぷり、すごいです・・・。

  3. ミッキー より:

    うちも今月5歳になったばかりの娘がいるから、悩みがほぼ同じで、笑えます。
    落ち着きもないし、自分のこともまだまだできないし、小学校に上がってからの不安、わかるよ。
    ただ、これはうちの甥っ子の話なんだけど、もんのすごく落ち着きがなかったんだけど、年長さんの12月頃から急にお兄ちゃんになって、今はしっかり小学校に通ってるよ。
    どうやら毎月すこーしずつ成長するみたい(笑)だから、もう少し見守ってみたらどうかなあ?意外とのんたろうくん、しっかりわかってるのかも。
    甘えさせてあげれるのも今だけだし(自分に言い聞かせてる)ね。

    • myu7 myu7 より:

      ミッキーちゃんへ
      悩みがほぼ同じなのに笑えるみっきーちゃんがすごいってばwww
      急に落ち着きだした甥っ子さんの話貴重ですー。とりあえず、エレベーターでお気を付けピ!をさせてます。
      のん太郎・・・わかってるかなー。うーん、見守るか。けど、見守って難しいよね!!

  4. レイア より:

    はじめまして
    私にも、のん太郎君と同じ歳の息子がいます。うちは、いわゆる発達障害があり、知的な遅れはまったくないけど、育てにくく とても幼い面や凸凹がある子です。
    のん太郎君は、ママと対等に話ができて ちゃんと自分の気持ちを話してて、すごいなって思います。大人顔負けだなって。

    でも、その大人っぽさと対等に話せる感じがママのここまで出来るはず、のハードルを下げられないポイントだったりしませんか?
    のん太郎君、ブログから読み取れるだけでもかなり頭の良いお子さんですよね。

    でも、きっと苦手な事もあるんですよね。
    その部分をうまくサポートしてあげたら、見違えるように変わる、ような気もします。
    勝手な意見を言って申し訳ありません。

    ランタンのことは、次回似たような事があったらママが悲しいと思った気持ちを伝えてみてはいかがでしょう?
    のん太郎君、壊したらママに怒られることに頭がいってしまい 回避するための言い訳は考えるけれど、相手が悲しんでいることには思い至らないのかもしれません。

    普段、怒らせることをしてしまうのは、かまってほしい表れの可能性もありますよね。
    ママに怒られるというのは、自分が注目されるわけで、その時はママが本気で自分に向いてくれるんですもの。
    本人が意識してなくても、ママに怒られる刺激が ある意味ご褒美になってしまってる場合もあると、療育関係の話で聞いたことがあります。

    落ち着きのなさ、うちは多分のん太郎君の100倍位ひどいと思うのですが、年齢と共に落ち着いてくるというのを信じています。
    というのも旦那が落ち着きない子供だったそうなのですが、さすがに今は 片鱗が垣間見られるなー、くらいになっているので 成長と共に解決することも多いんじゃないかなと思っています。

    子供1人ひとり、対処法も効果的な方法もそれぞれだから正解なんてわからないけど、間違いなく自分と旦那の遺伝子をきっちり受け継いでいるので、そこは受け止めて育てていかないとなー と覚悟を決めています。

    みうさんにとっては、とても大変だと思いますが、ブログでの のん太郎君の男っぷりを実は毎回楽しみにしています。ママとの関係、素敵だなって思いながら。
    これからも読ませてください。

    • myu7 myu7 より:

      レイアさま
      コメントありがとうございます。彼の苦手なところは、我が強いので人意見を取り入れるというところがなかなか難しいですね。それに伴うトラブルなどあるのではないかといつも心配をしています。
      >本人が意識してなくても、ママに怒られる刺激が ある意味ご褒美になってしまってる場合も・・・
      これ、怖いですね。そして、その状況の判断が自分にはつけることがどうか・・・。子育てとはやはり未知ですわ。いつも奮闘中です。
      私が悲しい気持ち表してみました。すると、のんこがにいにに、ママ泣いた!にいに、めっ!って怒りだしました。子供は色々みているなと思いました。

  5. りぃさ より:

    落ち着きがないコメントを読んで申し訳ありませんがホッと一安心してしまった同じく5歳娘を持つ母です(汗)
    こないだ懇談会で、落ち着きがない!お友達と一緒じゃないと行動ができない!人の話を聞いてない!とNaiNaiセブンティーンの歌詞のような3拍子揃いでガックシ肩を落として帰ってきました。
    私も色々しかるべき施設へ相談に行こうかと、それとなく先生に伝えてみましたが、「まだまだ伸びしろがある時期ですよ!見守ってみましょう」と言われ、そういうもんかと一旦気持ちが落ち着きました。
    私は子供のためとゆうより、正直親としての責任が気持ちとして強いです。
    早く気づいてあげれば!早く手を打っておけば!と後悔したくないから。
    まあ、たくさん子供たちを見てる先生がそう言うなら、焦らず、今は見守ってみようという方向です。
    皆さん、あの頃が懐かしいね!と言えることを願い子育て頑張りましょうね♫

    • myu7 myu7 より:

      りぃささんへ
      >NaiNaiセブンティーンの歌詞・・
      え?古くないですかwww
      私もがっくしって時いっぱいあります。私は退職後、いったんしかるべきところへ相談をとも思ってます。たしかに先生からは様子見ましょうと言われますが・・・悶々とします。あの頃がなつかしい!いえるだろうかー!!!お互いがんばりましょうね!!

  6. いちご より:

    こちらのブログでのコメントは初めてです。
    私も3月生まれの年長の娘がいます。
    登園の準備、一人で出来ません(^_^;)
    朝の顔洗いから歯磨き、お弁当のリュックへの準備等何度も声かけしないとぼんやりしてます…
    いつも「〜しなさいよ」と言うと必ず「知ってる!」と返ってきます。
    知ってるなら行動にうつして欲しい(>_<)
    着替えも、暑いのにお気に入りの分厚い長袖を着たいとか言われます(笑)
    うちの子はのん太郎くんより出来ないことがいっぱいあるのでのん太郎くんはすごいと思いますよ!
    みうさんがしっかりしている分のん太郎くんへの期待度が高いんですかね?

  7. myu7 myu7 より:

    いちごさんへ
    たしかに、我が家で一番しっかりしているのは、自分だと思う。旦那にも長男にも必要以上手がかかるので・・・。のん太郎への期待度!?!?高いですかね!?高いですか?
    えぇぇぇ!!!!なかなかなかった考えです。ご指摘ありがとうございます!!!
    そういう第三者様からの指摘ってありがたいです。考えてみます。ありがとうございます。