不登校になってもいいのよ!と、入学前の孫に言う義母。

Pocket

ご訪問ありがとうございます。みゅうです。

災害が続いてますね。本当に本当に心配しています。なぜかテレビのニュースでの情報が少ないように思え、インターネットで状況を追っています。土砂災害、平穏な日常が一瞬にして奪われ、小さい子も犠牲になったニュースを耳にするたびに心が痛みます。

少しでも早く救助が進むよう祈ってます。

今日の日記は、先日の義母襲来の時のことです。

しばらく、義母愚痴日記が続くかもしれません。はじめにお詫び申し上げます。すみません!!!でも、今回も書かずにはいられない!!

デリケートな話題でもあるので、書くことを避けていたのだけど・・・昨日の義母との電話で同じことを言われ、私もプッツンときてしまったので、今日は書くことで気持ちを着かせようと思います。義母との付き合いはこれからもありますから。

こんな日の日記の時はタイピングが強いです(汗)キーボードがバチコンバチコンいうてます。私の心の音がキーボードを通して聞こえてきます。

今回の襲来時、それはそれは義母からのイライラ発言の多かったこと多かったこと・・・。しかしそれは毎度のことでもあるので、できるだけ義母の発言に自分の感情移入をせずにこやかにスルーしてきた4日間。それでも全部が全部、スルーってわけにはいかないもんですねー。

小学校のことを話していた時のことです。

突然、義母がのん太郎にこんなことを言い出しました。

「小学校に行きたくなかったら、行かなくてもいいのよ。不登校でもいいの!」

って、言い出したんです。おい、何勝手にのん太郎に吹き込んでんだよ!って思って、思わず・・・

「ちょっと!お義母さんっ!」と、言ってしまったんです。

「だって、みうさん・・・小学校へ行ったら一人で登校するんだよ!とか、宿題とかが出るんだよ!って、なんかのん太郎君を責めているみたいで・・・」

だってぇ・・じゃねぇよ、だってじゃ!!それに、別にのん太郎を責めてたわけじゃないし!!

そしたら、のん太郎・・・・

「ばあば~!フトウコウって何?」って義母に聞いてて、不登校についてやたら肯定的に説明する義母。小学校はね、行かないという選択もあって、それは悪いことじゃないという。なんだ?その説明ー。

そういや、このおばさん・・・以前のん太郎に、保育園も行きたくなかったら、いかなくてもいいのよって言ってた時あったわ(遠い目)。保育園、行ってもらわんと困るわーー。ともくんも、幼稚園行きたくないって行った時、行かなくてもいいのよって育ててきたって偉そうに言ってたわ。そもそも価値観が昔からあわなかったわ。

とりあえず話戻すけど、念のために言っとく。小学校って、義務教育ね。

別に、不登校を否定するつもりはない。今日の日記は、不登校について書くつもりはないし、学校に行かなくてもいろんな生き方があることだって知っている。

ただそれだとしてもそれは結果論であり、母親であるならばごくごく自然に安全に楽しく小学校生活を送って欲しいと願うし、ましてやこれから来年小学校入学を控えている母子を前にして言う言葉ではない。

さすがに、義母の発言にあまりにあきれてしまい・・・

「いや、おかあさん・・・、しっかりと学校には行ってもらわないと困ります」

って、伝えたの。そしたら・・・

「みゅうさん・・・小学校!小学校!!って、最近だいぶ張り切っているみたいだけど、あまり頑張りすぎるとだめよ。なんとしてでも行かせなきゃ!って思うよと大変よ!」

もうさ、このおばさん誰かどっかに連れてってー。天然ってね、若けりゃ可愛いけど、歳とって天然のままだと犯罪だからね、まじでー。

「だとしても、私はやっぱり小学校・中学校・高校と楽しく行ってもらいたいし、大学だってもちろん行ってもらいですよ。」

と、話したが・・・義母には嫁の返答は聞こえないらしい。自分から爆弾投下しておいて、人の気持ちだけ苛立出せた挙句、もう自分の興味は他へいっているなんて事、しょっちゅうです。

しかも、のん太郎・・・不登校って言葉を覚えちゃって・・・最近、ふとこーふとこーって言うようになりました。しかも、お友達にも説明するようになっちゃって、こればかりは全力で静止しました。

その、のん太郎が義母から教えてもらった不登校の解釈ですが

「学校に行きたくない時は、休んでもダイジョウブなのが、ふとこーって言うの。」

と、お友達に説明してて(しかも児童館で)、もう私冷や汗ものでした。新しく知り得た言葉の解釈がのん太郎はどうも早くて、よくも悪くもすぐ覚えてすぐ口に出すタイプ。本当に余計なことをしてくれたもんだわ。確実に保育園でも言ってるわー。

不登校、その言葉に義母は敏感に反応します。以前の日記にも書いたけど

(義父の他界と家庭崩壊と夫の生い立ち)

ともくん(夫)の妹はいわゆる不登校だった。小学校高学年から中学まで1日も登校せず、大学の受験資格を得て20代後半に大学を卒業している。

今では結婚し2児の母であり、そんな過去を感じさせないが、手首にある無数の傷は今でも消えない。私の嫁という立場をのぞき、一人の人間として、夫の妹をみると・・・

よくここまで頑張ってきたなと思う。学校へ行かないという過去があっても、今は子育てをして夫もいて、幸せな人生を送っていると思う。いろんな生き方があるなと、私だって肯定的に思ってる。今が幸せなら過去がどうあれそれでいいと。

しかし、のん太郎はこれからだ。小学校を想像したときは、楽しい未来を想像して欲しいし、行く前から”行かない”という選択があることなんて、知って欲しくなかった。

うちの義母、やっぱり厄介です。

いつもありがとう。

美羽

スポンサーリンク
Simplicity 336×280 レグタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Simplicity 336×280 レグタングル(大)

コメント

  1. めがね より:

    本日もお疲れ様です。
    過去のお義母さまの記事から読ませていただいて常に感じていたのですが、そこまで我慢までしてお義母さまとの関係を保たねばならない理由は何でしょうか?
    基本的に波風立てたくない、日々お仕事でお疲れのご主人様に心労をかけたくない、お義父さまが亡くなり別居状態ではあったけど何だかんだで独りになったお義母さまのため…色々と事情があるかと思いますが、みうさんご自身への精神的な負担が大きすぎて心配です。そして今回の、のん太郎くんへの悪影響でしかない言葉、今後ますますの不安要素が増えそうです。
    お義父さまが亡くなってから、やけに突入される事が多いので、今後もますます上京されそうですね。ご主人様とも一度お義母さまへの本音を相談されても良いのではないでしょうか。1人で背負われないでくださいね。いくら旦那さまの実母とはいえ、ご主人様はみうさんの家族です。一番本音を話して良い存在だと思います。
    今までみうさんの優しさで耐えてこられたかと思いますが、今のうちに話しておいた方がいい事もあるのではないでしょうか。

    • myu7 myu7 より:

      めがねさんへ
      いつもコメントさんありがとうございます。私がここまで我慢する理由はただ一つ、波風たてたくないからです。それ以上でもそれ以下でもないです。子供たちもばあばのことは大好きですし、その関係を私が奪うことはしないようにと思っています。ただ、今回のことはさすがに言いすぎだろと感じたので、阻止しましたが、のん太郎も色々とわかるようになっているので、一度その旨はやんわり伝えたいなと思っています。さすがに不登校は・・・ないだろうと・・・。
      なんでしょうね。本当に空気がよめないんですよ。旦那ファミリーは往々にしてそういう傾向があって、私は旦那にもハラハラするときがあります。なんなら私もいっそうのこと、この空気よめなくていいか?って思うこともけっこうありますから!
      心配してくださりありがとうございます。愚痴を聞いてくれるだけでけっこうすっきりするのでありがたいですー!

  2. happpy より:

    その発言に対して、ともくんは父親の立場から自分の親に対して物申すことはしないの?
    義母さんは、自分のこれまでを否定されないように予防線を張ることをしてるのかね〜?(*・ε・*)

    不登校ダメとは私も思わないけど、行くことが辛いのなら選択肢としてはありかなと。ただ、まだ年長児に対して率先してそれを勧めるのは違うと思うよ

    自分だけ関わらなかったらいい…としても、悪影響なるのめにみえてるから、少なくとも同席してないと色々怖いね
    ともくんはそのこと聞いてどう感じたのかな〜

    • myu7 myu7 より:

      ハピーちゃんへ
      パパは大抵寝ています。あまり義母に物申すってないかなー。所詮、マザコンか!って思ってるしー。ここで愚痴を書くとけっこうすっきりします。我が家は同居ではないので、世の中の同居のお嫁様方々・・・どれだけ大変なんでしょう・・・。