お友達の大事なおもちゃを壊してしまった長男と、そのお詫びの手段に悩む。

Pocket

おはようございます。みゅうです。昨日もひと悶着、ありました。きいてください・・・。

昨日の日曜日、同じクラスのお友達数人と公園で遊んでいた時のことです。

のん太郎のクラスの子たち5人と午前中に区民プールへ行き、昼食を食べた帰りにまだ時間があったのでそのまま公園で遊ばせていた時の出来事です。

プールへ一緒にいったお友達5人の他、ちょうど同じクラスの子や同じ保育園の卒園生も含め15人ほどでわちゃわちゃと公園で遊んでいました。全員が男子です。

年長の男の子たちはすっかり男子!って感じで、ワンパクで仲良くはしゃいでいたのですが
暑かったこともありちょうど半数以上の子たちが水鉄砲をもっていて、水の打ち合いみたいに遊んでいました。

パパやママはベンチで見学をしており、あ~明日からまた仕事だね~と他愛もない話をしていました。

水鉄砲の打ち合いでとことんもりあがる男の子たち。そして今の水鉄砲ってタンクを背中に背負える形になっていて、そのタンク式の水鉄砲、みんな使いたくてしかたがない。

そして、そのタンク式の水鉄砲の持ち主である男の子は協調性のとてもある子で、みなが順番で使えるようにとルールを決めてくれていました。自持ちの水鉄砲がある男の子たちは引き続き水鉄砲片手に逃げ回っています。

のん太郎は水鉄砲を持っておらず、公園にあるすぐそばの売店で水鉄砲が売ってあり、当然欲しがったので買ってあげても良かったのですが、”今”遊びたいから”今すぐ買ってあげる”
ってどうなんだろう・・・と迷いが生じ、水鉄砲をもっていない数人は順番でそのお友達の水鉄砲の貸し借りができていたので、しばらく様子をみていました。

そして、タンクの水がなくなり今度はのん太郎の番となりました。
水汲み場は少し離れたところにあり、男子陣はぞろぞろと公園の水汲み場へ。一人のパパが付き添ってくれていたので、母たちはそのまま日陰で下の子たちをあやしたりのんびりしたりしていました。

そして、ぞろぞろと水汲みを経て帰ってきたものの、一人のお友達が「のん太郎くんが水鉄砲壊した!!」と、大声で遠くから私に伝えてくれました。

あいつまたなんかしたのかーー・・・・って思って様子を見に行くと、タンクの留め具が割れていて、水はためれるけれどショルダー部分が外れていて、応急処置でそのまま背負って遊ぶことができる状態ではあったものの、ショルダー部分の右側は割れてしまっていた。

どうしたのかのん太郎に直接(冷静に)聞いたら、水を入れた時にどんどん重くなっていき自分の手が耐え切れず落としてしまい、その衝撃で割れてしまったと。同行してくれたパパさん曰く、決してわざとじゃないという。そしてのん太郎もまた恒例の”わざとじゃない”を主張。しかし、わざとじゃないけど、悪いことをしてしまったとは思っている様子でお友達にも何度もあやまっていたと、のん太郎からも同行のパパからも報告を受けました。

しかし、その水鉄砲の持ち主君は、ママと会ったとたん我慢していたものが溢れてしまい、しょんぼり。私も、申し訳なく・・・・・・。まだ3回しか使っていなかったんだよ!とそのお友達。その言葉にまたのん太郎もまた謝って・・・の繰り返しだったんだけど、のん太郎としては”もう十分あやまった”的な感情がそのうちに芽生え、結果他の別の遊びを開始。

けれど、そのお友達は気持ちの整理がつかず、しょんぼりとしたままそのまま帰ってしまいました。時刻はちょうど夕方でした。

その友達とは今月一緒にキャンプへ行くほどの仲で、家族ぐるみで仲良くさせてもらっており私からもそのママへその場で謝り、その日はさよならをしました。

わざとじゃないとしても壊してしまったことは悪かったと思っているのん太郎。
のん太郎としては十分に謝ったと思っている。
けれど、まだ気持ちの整理がつかないお友達。大事にしてた水鉄砲。

今まで、有りそうになかったお友達のものを壊してしまう出来事。どうしたらいいのかと思って悩んだものの、私の出した結論は、同じものを買ってもう一度謝りにいこうというものでした。もちろん、これが正しいのかどうかなんてわかりません。

そして、その水鉄砲はイオンで買ったと話していたので、さよならしたのち、家にいたパパに事情を話し、すぐにのん太郎とパパとのんこを引き連れすぐ近くのイオンへ買いに行きました。

幸い同じものがあり、金額としては1280円。スナックのお菓子を添えて、そのお友だちの家へ。実は、同じマンション。もう一度、謝りにいきました。

もともと仲の良かったそのママさんからは”むしろ申し訳ない”と言葉をもらい、そのお友達君も”もういいよ”ってことで、許してもらったのん太郎でした。

のん太郎の言う”もう十分謝ったという言い分。

自分は同じことされて、そのくらい謝られたら許すから、自分のすべきことはしたという主張。

けど、落ち込み続けるお友達とその時間を共有するのは難しく、十分に謝ったと思っているのん太郎は、もともとの気持ちの切り替えの早さもあり、もう他の遊びへ。そして、おそらく同じことをされても実際そんなに気にしない。もう、こればかりは性格だから仕方がないんだけど、子供達との間における温度差を見て、どのようにのん太郎に話すべきか難しいな・・・と悩んでしまいました。

まだお友達が気持ちの整理がつかないでいる間に、他の遊びをはじめてしまうのん太郎の態度は叱ったのだけど、どこまで叱り続けていいかわからず・・・・
しかしながら、そのお友達には申し訳ないしで、気持ちのやり場がなかったです。

その後私はのん太郎と、”お友達間でのおもちゃのやりとりはしないこと”って約束をし、のん太郎も”わかった”と頷いたものの、きっとおもちゃのやりとりはするでしょう。そして、この約束はナンセンスなんだろうなと思ってはいたのですが、いかんせんどうしていいかわからなかった。

のん太郎はのん太郎で、パパと2人になった時に今回の事の次第を話した際、自分から”壊しちゃた時、やってしまった・・・って思った。”と言ったそうで、事の大きさは本人なりに自覚はしているようでした。

謝りに行くために、のん太郎にとって魅力的であったその水鉄砲を一つだけ買い、自分も欲しい!と言うかなと思っていたところ、何も言わなかったので(当たり前なんでしょうが)
本人なりに我慢しているのかなとも思いました。

しかし、子どもが壊してしまったお友達のおもちゃですが、金額の大小もさることながら、新しいものを買ってお詫びに行くという手段、それも子供と一緒に買いに行くという状況にしたのですが、それも正しかったのか。

そして、今回は親の目がある中だったのですが、きっと小学校になったら親の目が届かない分
トラブルも多くなるんじゃないかと、やっぱり心配になった週末。かといってずっとついてまわるのも成長を妨げる、子の人間関係に親の介入のすぎもよくないだろうし。

はぁ・・・。悩みが増してゆく・・・。

子どもたちが就寝後、色々と考えていたら頭のいたい日曜日となったけど、夕飯の時からはもう話題にださずいつも通りの日曜日のお夕飯としました。
いつもだったら、蒸し返してしまう私ですが・・・のん太郎なりに反省もしていたので、とくに触れず今日の朝もいつもどおり保育園平成へと送り出しました。

のん太郎からも、特に何もなかったですし・・・。

今日保育園で会ったら、昨日ごめんねって言って欲しいけど、たぶん無理だな。おそらくもう過去のことになっている。のん太郎、けっこう早い段階で”終わったことは過去のこと”となり、だから次につながらないんじゃ・・・って毎回思うのだけど、彼の性格は彼のもの。彼の感情も彼のもの。親でも、伝えていくのが難しいこと、これからもたくさん出てくるんだろうなと、ため息交じりに思うのでした。

いつもありがとう。

美羽

スポンサーリンク
Simplicity 336×280 レグタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Simplicity 336×280 レグタングル(大)

コメント

  1. happpy より:

    難しいよね…
    うちの子も、[わざとしたわけではない]けど相手に怪我や準ずることがあってね〜
    学童での出来事だったんだけど、それこそ[親の見てない]環境。相手は面識なしや学年すら違う子とかね いまのところは、気にしないで〜お互い様だから〜的なことを学童通じて終われてるけど、いつか大きいのやるんだろうなとビクビクです
    あと、翌日とかに相手に大丈夫か聞いてもう一度謝るように諭すけど、ちゃんと言ってるか微妙だよ〜 言ってなくても言ったって答えるようになってるもん 女の子の友達関係も心配だけどね
    ごめん、書いてるうちによくわからなくなってきてる(苦笑)

    • myu7 myu7 より:

      ハピーちゃんへ
      たしかにーー。ケガ関係も心配だわ。
      のん太郎、自分からは手を出さないけど、やられた時には倍返しだからな・・・・。それもどうなんだろ・・・。
      そして、女子の友達関係、いつ頃から面倒になるんでしょうね。
      私、いつ頃から面倒だっただろ・・・。あんまり記憶ないけど、多かれ少なかれあったんだろうなー。
      あぁ、私たちの全盛期、ラインやスマホ、なくてよかったね。