今日は保育園児にとって特別な日

Pocket

ご訪問ありがとうございます。みゅうです。

今日は、3月最後の平日の日。

保育園で今のクラスでで過ごす最後の日となります。

(土曜保育は一斉保育となりますので)



スポンサードリンク

幼稚園は卒園式や終了式あとに登園することは

ないのかもしれないですが

保育園は感動的な卒園式後も

当たり前ですが登園し最後の日に移行式を迎えます。

だから4月から小学生となるお友達は

今日が本当に最後の登園日です。

のん太郎の通う保育園では移行式というものがあり

夕方からホールで全クラス集合のもと行われます。

そこで異動してしまう先生方に園児たちが

メッセージやプレゼントを渡し歌を送ります。

園児たちの中には別れが寂しくて泣いてしまったり

こちらも切なくなる式となります。

そして新年度の新しい担任の先生が上のクラスから順に発表され

新しいクラスへと移行します。

卒園式兼お遊戯会がすでに終了しているため

親の参加は自由参加でとくに告知はしておらず

4時以降のお迎えだとちょうど式が見られるといった具合なんですが

(その辺、ちょっとアバウトなんですけどね)

今回は、のん太郎のクラスの大切な存在であった先生が

異動してしまうということもあり

かけつけらる親はかけつけようってことになりました。

そのあと、写真をとって卒業アルバムにものせる提案もありました。

確実に泣いてしまいそうです。

昨日、少し先生と話す機会がありました。

異動が発表されたあと、のん太郎はいつもべったりしてこないのに

お昼寝の時はとんとんをお願いしてきたり

お散歩の時は手をつないで欲しいとお願いしたり

べったりだったようです。

母のように見守りながら優しくも厳しくもあり

子どもたちもよく”こわい・・・”と言われていた、その先生。

のん太郎もその一人で先生に叱られたりしたときは

”今日も先生、怖かった”と報告があったものです。

それでも笑いの絶えない、決める時は決める!といった

そんなメリハリのあるクラスにしてくれたのも事実。

だから親からの信頼も厚かった。

子どもたちしっかり先生のお話を聞けていた。

その先生は”のん太郎くんは先生のこと恐れてるもんね”って

よくおしゃってたんだけど(笑)

だから先生としても

”自分はのん太郎にとって怖い存在だとおもってたのに

こんな風にべったりなんて正直意外だわ・・・”

と、昨日お話してくださいました。

そして先生からこんなことも言われました。

”私ね、のん太郎君に厳しく接することも多かったし

あまり今までべったりしてくるタイプでもなかったのよ。

それなのに、こうして離れるとわかった今

こうやって寄り添ってくるところを見ると

私が常にのん太郎君に伝えていたことが

ちゃんと響いてくれていたんだと思う”と。

のん太郎が言ったそうです。

”自分のこと好きだから叱ってくれてた”って。

また、涙ですよ。私。

母と同じです。

厳しいけど、優しい。叱られるけど大好き。

だから私も

「先生の愛情のある厳しさがのん太郎に伝わっていたこと

私もありがたく思います。本当にありがとうございます。」と。

そして昨日の夜

最後の日にのん太郎が先生に手紙を渡したいと

自分から言い出し1時間くらい部屋にこもり

ずっと手紙を書いてました。

一番上の写真は涙を流している絵です。

そしてこれは、わかりにくいと思ういますが

”いつもいてくれてありがとう”

って書いてました。

これを、私の手紙と合わせ

クラス全員一緒にまとめて今日お渡しする予定です。

先生、本当に本当にありがとうございました。

担任の先生でなくなっても

ずっとずっと私たちの先生であることは変わらない。

一緒に卒園できなかったことは寂しくてなりませんが

これからも先生に恥じないよう私も母親として頑張ります。

そんな思いです。

私にとってかけがえのない貴重な貴重な出会いでした。

感謝しかありません。

でも、今は寂しい気持ちの方が大きいです。

いつもありがとう。

美羽

スポンサーリンク
Simplicity 336×280 レグタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Simplicity 336×280 レグタングル(大)

コメント

  1. みえ より:

    私も去年同じ気持ちを感じました。
    一年経った今もなおその先生を忘れる事はなく、大切な思い出として宝物として心にあります。
    また戻ってきてくれないかななんて本音を話していいのならしょっちゅう思っているし夢にまで見ます。
    でもそんな素敵な先生に出会えた事本当に本当に幸せですよね。
    きっと今日は特別な1日にみなさんがなったでしょうね。
    今は辛いと思いますが素敵な出会いに感謝ですね。
    ちなみに今年の先生は親子で全く響かなかったのである意味めちゃくちゃ楽です(笑)

    • myu7 myu7 より:

      みえさまへ
      私も今年の先生は、全く響きません・・・。
      一人は持ち上がってくれたので、その先生とは4年連続担任でいてくださるので
      頼みの綱はその先生のみとなりました。
      のん子の方も・・・苦手な先生がピンポイントであたり、本日3日目・・・
      ついに教室に入ることができませんでした。
      また日記に書いていこうと思います。

  2. ちはる より:

    美羽さん、前回は取り急ぎのお返事ありがとうございました!
    私も昨日、無事に保育園勤務最終日を終えてましたが、まだまだ寂しくて実感が沸かなくて、思い出すと涙が出る状況です。
    美羽さんがおっしゃってくれたように、私の保育園の保護者様を始め、職場の仲間からもたくさんの感謝と涙を頂けました。
    みんな涙を流してくれて…私も昨日は1日泣きっぱなしでした。
    普段はあまり聞かない保護者様の気持ちをダイレクトに聞いて、私自身の大きな自信につながりました。
    色々な気持ちを自身のブログに記録として書いてあるので、お時間ありましたら見てください!
    アメブロの「ルンルンの育児日記」です。
    美羽さんのブログはアメブロ時代からずっと読ませてもらっていたんです、私(笑)
    読み逃げばかりですが、こちらのブログも時々読ませて引き続き頂いてます!

    • myu7 myu7 より:

      ちはる様
      勤務、お疲れ様でした。最後がよく終われることって大事だなぁと歳をとってからはよく思います。
      子どもたちも親御さんも幸せでしたね。よかったです。
      ブログ、遊びにいかせてください!またよろしくお願いいたします。

  3. HiNa より:

    子ども達からの手紙も、保護者の皆様からの手紙も、先生の大切な宝物になったね
    最後の日のことも、のん太郎くんの心にも思い出の一つとして残っていくんだろうな