ピアノの発表会だからと義母襲来、前途多難な3連休の幕開け・・・

Pocket

ご訪問ありがとうございます。義母おみくじ大凶のみゅうです。

今日はブログを書く予定はなかったけど、どうしても書きたかったー!!

タイトルの通り義母襲来中です。

最後の義母ブログでつづった

(⇒義母の発言についに反論、言い返す時は冷静に淡々とが基本姿勢と学んだ

このブログでのん太郎のピアノの発表会で義母が来ると一票を投じられた方、ビンゴです・・・・。

明日はのん太郎のピアノの発表会。初めてホールでのピアノの発表会。

昨日義母よりメールで・・・

「夜の8時くらいになってしまいます。ごめんなさい」と。

今日の午前中、見慣れたスーツケースが宅急便で届き・・・

そして先ほどの襲来。夜8時。超迷惑。子供達の寝かせつけのタイミングでピンポン。

はい。子供達、テンションマックス。

明日のピアノの発表会に向け、今日はできるだけ早くそして機嫌良く寝てほしかったのに、寝るまでの私の下準備すべて無駄。あげくいつもより遅い就寝。

そもそもだ。のん太郎のピアノの発表会に私は義母を誘ってない。たしかに、先月の襲来時、ピアノの発表会の日程を念入りに確認された。確認されたけれども・・・

(沈黙)

(反省)

そうだよね。来るよね・・・。私、嫁を何年やってんだろ。

もしかしたら来ないかもっていう期待抱いた自分がいけないよね。

夜8時を過ぎた襲来だったので「遅かったですね」と声をかけたら

「娘(夫の妹)のところへ寄ってきて、ごはんを作ってくれて、食べてきたのよ。本当においしかったわー!里芋を揚げてくれたのよ。里芋ってあげると美味しいのよ、みうさん!」と。

そうだった、そうだった。

前回、私が夕飯を用意しておいたにもかかわらず、その娘(夫の妹)は一人分のお弁当を義母にもたせるような人だったわ・・・・。

里芋のくだりも驚いた方がいいの??

今回の襲来、来るやいなやのん太郎に

『ばあば、新潟でのん太郎君にお手紙を書いてきたわ!』

と言いバックよりお手紙を取り出す義母。内容をのん太郎に朗読させ・・・・

”怒ってるときののん太郎君も大好きだし、喜んでいるのん太郎君も大好きです”からはじまり・・・・

ずっとそのままののん太郎君でいてください締めくくられている。

え?何?これ?どういう意味?手紙の真意を探った方がいいわけ?

ずっとそのままののん太郎でって・・・軽々しく言うなや。ずっとそのままののん太郎でいられても、困るし。そのままののん太郎を受け止めろとでも言いたいのかいな。

そしてそんな手紙をもらったもんだから、のん太郎は寝る時間を過ぎているにも関わらず

『今度はぼくがばあばにお返事を書く~!』ってなり

いやいや、もう寝る時間だから明日お返事書こうねって言っても、すぐに”わかった!”なんて言えるはずもなく・・・

そこから・・・

「”はっぴょうかい”ってどう書くの?」からはじまり・・・

「ばあなのの似顔絵もお手紙に入れる~!」ってなり・・・

怒らなくても良いのん太郎の行動を寝る時間だからという理由で怒り、せっかく楽しく過ごしてきた一日がグダグダに。そして最後の最後で「もう寝なさい!」と怒る羽目に・・・・。

明日のピアノの発表会はどうか無事に終わってくれ。そして、そのまま帰ってくれ。

今回の目標は

前回みたいに、バチバチにならないように今回は気をつけます。

きっと、明日・・・帰るから・・・・大丈夫よね・・・。

と、とりあえず、明日は発表会だ。

寝ます。

いつもありがとう。

美羽

**

雑多な文章で失礼しました。

**

スポンサーリンク
Simplicity 336×280 レグタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Simplicity 336×280 レグタングル(大)

コメント

  1. りょう より:

    ほら、やっぱり。とニンマリしてしまいました。
    前回1票投じた1人です。
    お義母さま、期待を裏切りませんよね!!流石です!!
    人の不幸をこんなに楽しんでごめんなさい。でも、とんでもなさすぎてお義母さんのネタ大好物です。
    続編、楽しみです♡

  2. わっきぃ より:

    みぅちゃん…みぅちゃ~~ん!(ToT)/~~~
    お疲れさまぁ~~!!!(え?だよね?もう帰ったよね?)

    前回のこと気に留めているのはきっとみぅちゃんだけだと思って(義母はきっとなんのことかしら?状態かと…)来ることは予想していたけど、ホンマ来たな!

    発表会って親の方がナーバスになっているからさ、ほんとそっとしておいて欲しいよね。そういうのホントわかってないよね。同じ立場だった過去あるだろうに。